おすすめ絵本

らせんのお客様から、「4年生に読み聞かせするのに、いい絵本ありますか?」とご質問を受けました。

ちょうど上の子が、去年4年生。

学校での読み聞かせの中で、子供達の評判が良かった絵本をご紹介しますね。
私の読み聞かせグループでは、昨年度末に、一年間で読んだ絵本をクラスごとにまとめ、どの絵本がおもしろかったかのアンケートをとりました。
その中で特に数が上がっていたのが…

ぼくんちに、マツイヒデキ!? (学研おはなし絵本)

あさの ますみ / 学習研究社


「ぼくんちに、マツイヒデキ!?」です。
男の子にも女の子にも大ウケだったようで、アンケートではダントツでした。

私が個人的に今の季節におすすめなのが

おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による (福音館創作童話シリーズ)

赤羽 末吉 / 福音館書店


スーホの白い馬でおなみの、赤羽末吉さんが描いた絵本です。
シンプルな、「さつまいも色」と黒だけで描かれた、可愛らしい子供達と大きな大きなお芋。
4年生にはちょっと幼いかな?と思うのですが、その迫力とストーリーの楽しさに、たぶん大丈夫。

それから

寿限無 (声にだすことばえほん)

斎藤 孝 / ほるぷ出版


とにもかくにも、工藤ノリコさんの絵が大好き。そして楽しい絵本です。
寿限無はたいがい皆知ってますし、一緒に唱えても楽しい。
よく見ると、絵の中でいろんなストーリーが進行してるんです。
それを読み解くともっと楽しいです。
寿限無の言葉の意味の解説もついていますので、それを覚えて、読みながら「五劫のすり切れの『劫』って言うのはね…」と説明してあげると、「へえ〜」って言う顔しながら聞いています。

雪の写真家ベントレー

ブリッグズ マーティン ジャクリーン / BL出版


絵はある意味「地味」なのですが、おはなしは子供達の心を打つ絵本のようで(残念ながら私は未読の絵本です)、アンケートでも名前が挙がっていました。

したのどうぶつえん

あき びんご / くもん出版


上野動物園じゃない、したのどうぶつえん、です。
したのどうぶつえんだから、いる動物も一ひねりしたものばっかり。
聞きながら、子供達くすくす笑っていました。


またおすすめの絵本を思いついたら、載せますね。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-10-21 22:34 | 本と絵本
<< おめでとう! 大切な絵本「てとてとてとて」 >>