はやぶさカプセル回収!

カプセルも無事に回収されたようです。
よかったねー。

大気圏突入の映像を見ていると、まるで燃えるはやぶさからカプセルが放出されたようですが、違うんです。
大気圏に突入する3時間前にカプセルは放出されていて、その後地球の写真を撮り、データを送った後なんです。
まるで並走しているように見えるのが本当に不思議です。

そしてカプセルも、回収チームが計算していた予定地域のほぼ真ん中に落ちたんですって。
すごいなー、すごいなー。
日本はすごい。
事業仕分けしてる場合じゃないですよー。

それから、オーストラリア政府と先住民族アボリジニの方々にも深く感謝します。
遠い日本の空から、感謝を捧げます。



NASAの映像
音声が出ます

NHKのニュース映像
左上の画像をクリックすると、ニュース映像が始まります。
さすがNHK。でもこれだけの映像が撮れるクルーをオーストラリアに派遣して、生中継が無いんだもんなあー。
音声が出ます

外国のニュース映像
どこの国のだったか失念してしまいました。



ヘリから確認したパラシュート付きのカプセル

はやぶさカプセル回収の記者会見の記事


そしてそして。
はやぶさのニュースのかげで、イカロス君も頑張っているようですよー。
ikaroskun on twitter
世界一小さな人工衛星DCAM2を打ち出し、イカロスを撮影させることに成功したそうです。
データはイカロスから地球へ送られ、DCAM2は眠りにつきました。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-06-14 21:53 | お気に入り
<< 梅仕事、梅仕事 お帰り、はやぶさ >>