かわるもの

気を付けないと、すぐにブログパーツの木がしょげてしまうので、こまめに書かなくては…と思い、投稿画面を開いたら子供が帰ってきてしまった。

そんな体験、どなたにもありますよね。

そうなんです。
今日も、さあ、と思ったら「ただーいまー♪」と賑やかに帰ってきた子供が二人。
「お腹すいたー」
「なにか食べたーい」
とさえずり、おやつを食べ、次女は雪遊びに外へ、長女と私は中学のジャージの試着・申し込みに行って来ました。

3月に卒業を控えている長女ですが、きっとあっという間なのでしょうね。

次女は、雪が雨に変わってしまったので、ダウンの上からかっぱを着こみ、お友達と公園で雪だるまを作ったそうです。
普通のふわふわ手袋はぐっしょぐしょになって帰ってきました。

今までは、習い事のダンスもピアノも、ほぼ同じ日に済んでいた二人ですが、長女が中学に上がるとそう言うわけにもいかなくなります。

長女が習っているピアノは、幼稚園の頃からずっと一人の先生にお世話になっていて、本人も
「せっかく難しいことが出来るようになったのに、ここで止めたくない。
 先生も変わりたくない」
と言うので、先生に相談して曜日と時間をずらしてもらいました。
次女は今までの曜日の、30分遅くに変更。
これからは週2回、ピアノの教室まで送り迎えしなくてはならなくなってしまいましたが、本人がやりたいということは続けさせてやりたい。
一人で行ける距離ならいいのですが、自転車でもバスでもとにかく行きづらいところなので、がんばります。
[PR]
# by kuroneko-no-sippo | 2012-01-20 21:28 | 日々

しょうが昆布茶

友人に、昆布茶の中にすりおろしのしょうがを入れると美味しいよ、と教えてもらいました。

ちょっと濃い目の昆布茶に、どんとしょうがをすりおろして入れ、お湯を注いで頂きます。

うわっ、おいしい!
しょうが味の上品なスープみたい。

昆布茶ですものね、おいしいよね。

寒い冬に、お試しください。
[PR]
# by kuroneko-no-sippo | 2012-01-10 15:49 | おいしい

リンパマッサージ

夫が、左脚だけ浮腫むのです。
特に足首から先が結構浮腫んで、痛いそう。
病院にも行ったのですが、特に悪いところはないそうで、「何が原因なのかなあ」と悩んでいます。

先日あんまりかわいそうなので、つま先から足先全体をマッサージしてみました。
ツボを刺激しながら、指と手のひら全体で擦り上げてみました。
30分もしていたところ、真っ白だった足が赤くなり、血管が見えて足首もすっきりしました。
次の日にはふくらはぎまで細く。

マッサージは有効なのですねえ。

夫が義兄に浮腫みの話をしたところ、自分もそうだと言われたとのこと。
そういう体質なんじゃないか、と。
そういえば、義母も足が浮腫んで悩んでいたことを思い出しました。

一つ目標が出来ました。
リンパマッサージ、勉強します。
[PR]
# by kuroneko-no-sippo | 2012-01-04 15:22 | からだ と こころ

あけましておめでとうございます

2012年ですね。

去年の暮、次女が小さい手術のために入院しました。
小さいといっても全身麻酔での手術だったので、終わるまでも終わってからも落ち着来ませんでした。
入院当日はお昼も食べてお風呂も入って、すっきりして行ったので、「明日ご飯食べられないんだ〜」とのんきなものでしたが、手術が終わってからは痛みとの戦いでした。
全身麻酔の、身体への負担も子供には大きいものらしく、楽しみにしていた晩ご飯もまったく喉を通らず、ずっとうとうとと寝続けました。
入院は2泊3日の短いものでしたが、家族にとって、本人にとっても長い3日でした。

お正月は家族揃って4人で迎えることが出来ました。
誰も欠けることなく、おめでとうを言えるのはありがたいことです。

皆様にも、幸い多い一年でありますように。
[PR]
# by kuroneko-no-sippo | 2012-01-04 15:13 | 日々

写真と本棚の整理

今年はほんとうにいろんなことがありました。
何よりも地震が大きかった。
未だになにも終わっていない気がします。

それでも日々は過ぎていき、皆生きています。

私にはモノに対して思い入れを深く持ってしまう性質があって、一度その思い入れを抱いてしまうと手放せなくなってしまうのですが、思い切って本棚の整理を始めました。
初めてうちに来た方は、「すごい本ですね、ご主人の?」と聞かれるのですが、ほぼ、99%私のなのです。
その本を、半分に減らすのが目標です。
先日は150冊ほど処分しましたが、とうてい半分には届きません。
もう少し踏ん張ります。

そして写真。
本棚の上から、箱に入った写真がどさっと出てきました。
まだデジカメなんてなかった時代、一眼レフのカメラを手に入れて、喜び勇んで撮ったものとか、ハーフのカメラ(フィルム1枚分で2枚撮れる)で光量も気にせずに撮りまくったものとか、何を撮りたいのか全くわからないような写真が山ほどありました。
その中から、結構綺麗に撮れているものとか、もう死んでしまった猫たちの写真をピックアップして、あとはフィルムと一緒に処分しました。
フィルムは迷ったのですが、結局どれにどんな写真が写ってるのかの確認も難しく、紙媒体があればスキャナでプリントアウトできることもあって、思い切りました。

でも、まだクローゼットにジェラルミンのトランク一杯分の写真があることも思い出してしまいました。
あれも整理しなければ…。
どれもフィルム時代に撮った、訳もわからずシャッターを切っただけのものなので、どうにもならないようなのばっかりかと思うと、整理しようという気もへこんでいしまいそうですが、頑張ります。
[PR]
# by kuroneko-no-sippo | 2011-12-13 23:10 | 日々