<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お水、お水

ブログパーツの木が、記事を書かないと萎れてしまうのです。

朝書いただけじゃ、足りなかったかー。

これだけ暑いと、ただのデジタルの、パソコンの中にしか存在しないものだとわかっていても、かわいそうで「お水お水ー」と思ってしまいます。

と言うことで、短い記事ですが、お水お水ー
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-07-25 18:08 | お気に入り

あ、暑い…

暑いですね、暑いですね。

今年はあんまり蝉が鳴いていません。
夏休み前くらいからうるさいくらいに鳴くものじゃなかったでしたっけ。

一昨日の夜、上の子が、道を歩いている蝉の幼虫を発見しまして、皆で大慌てで救助しました。
土から出てきて、高い所を探してたのかしら?

それにしたって危ないでしょーと、庭の木の幹に止まらせてほっとしていたら、木に立てかけてあった板の上を、また歩き出すのです。

高い所を探すのかな?
でもすぐそこにある木じゃダメなのかね?
と言いあいながら、
「明日の朝は蝉の鳴き声でうるさいよー」
なんて笑っていたのですが、
朝になってもうるさい蝉の鳴き声は聞こえず。

ちゃんと羽化出来たのかなー。

気になるなー。

今年はどうしたのかな、蝉。

みーんみーんって言う、アレが聞こえないとなんだか暑いばっかりの夏ですよ。

夫は、
「何年かにいっぺん、蝉が少ない年があるって言うじゃない。今年がそれなんじゃない?」
っていうんですけど、そうなのかな?
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-07-25 07:03 | 日々

サロンでの読み聞かせ

午前中は自治会の夏祭りのために、子供会と老人会で飾るための花作りをし、大急ぎでお昼を食べて、午後はお待ちかね、子どものためのサロンの時間です!

本日のメニューは…

1.チェロ演奏
 「はまべのうた」
 「遠き山に日は落ちて」

2.輪唱
 「いちばんぼしみつけた」

3.絵本読み聞かせ
 「みつけたよ、ぼくだけのほし」
 「あしたのてんきは はれ? くもり? あめ?」

4.てあそび
 「ぶた たぬき きつね ねこ」

5.絵本読み聞かせ
 「おはなのながいぶたくん」

6.語り
 「一休とんちばなし びょうぶのとら」

7.手品


40分ほどの短い時間でしたが、総勢61名の方々が見に来てくれ、大盛り上がりでした。
私は「みつけたよ、ぼくだけのほし」と「おはなのながいぶたくん」を読みました。

ついでに、人数合わせに輪唱にもかり出され、いやー、音痴なのに!! 人前で歌っていいの!? とびびりながら歌ってしまいました。
音痴なのに…。


この活動も4年目に入り、目標は10年続けること。その後は20年30年と続くことが目標です。
ライフワークになるといいなと思っています。

学校での読み聞かせで緊張したこと無いけど、サロンでの読み聞かせはとにかく始まる前がドキドキします。
でもいったん始まってしまえば、今回はずいぶんと慣れたのか、案外余裕がありました。


次は冬です。
なに読もうかな〜。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-07-17 22:16 | 本と絵本

首の付け根のつまり

先日、友人二人の首の付け根をほぐす機会があったのですが、頭蓋骨の縁と椎骨の2番目の溝って言うのかな、そのあたりがすごく固くなっていることに気が付きました。

つまってるって表現するとわかりやすいかな。

たぶん自分で触ってもわからないと思うのですが、横になってもらい、頭の上の方から指を差し入れて、ゆっくりゆっくりほぐしていくと、つまっていた所がゆるみ、溝がちゃんと溝として出てきました。

友人は「寝ちゃうかと思ったー」と気持ち良さそうにしてくれていましたが、重い頭を支える一番のキワだから、すごく頑張ってる部分なんですよね。

整体のメニューに、首の施術を長めに取り入れようかと思います。

ただ、過去にひどいむち打ちを経験された方は、受けられない方がいいかとおもいます。


首はとにかく敏感で大切な神経がたくさん通っている所でもありますから、力任せの施術は厳禁です。
ゆっくりゆっくり、じわじわとほぐすよう心がけるつもりでおります。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-07-17 22:05 | からだ と こころ

笑い飛ばせ

どっしりと身体が重い梅雨ですね。
昨日は雨が降っていてもカラッとしていて楽だったんだけど、夜に突然重い低気圧が来たようで、夫も私もいきなりダウンしてしまいました。
子供達も、朝の目覚めが悪かった。

その上、すごい寝坊してしまった!
6:22に見えたデジタル表示、この時点でちょっと遅かったんだけど、下に降りてテレビを付けたら6:57。目を疑いました。
実際は6:52が6:22に見えたのかしら?
ぎゃーと叫んで、慌てて子供達を起こしました。
だって、7時に朝ご飯食べ始めないと、登校に間に合わぬのです。
焦りました、ほんと。
とりあえずいつもの時間に送り出すことに成功しました。

朝になっても天気は晴れないし、身体も重い。

こう言う時ってイライラします。
猫がビニール袋をガサガサしてるのも耳に障ったりします。

んもー、しんどい。

今日は17日の読み聞かせのリハです。
皆集まって、通しでプログラムの順番で一通りやってみます。
お昼を持ち寄って食べるのも楽しみ。

なのに、用意をする気力が湧かない〜。
混ぜごはんを作っておにぎりにして持って行こうと思うのですが、身体が動かない。



イライラすることも、まずは笑い飛ばせー。
笑うって、余裕が無いと出来ないんだな。

さて、絹莢のスジとって、バター炒めにでもしようかな。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-07-12 09:15 | からだ と こころ

温かい手

夫はよくお腹が痛くなります。

そう言う時、

「悪いんだけどさ〜、お腹に手を当ててくれない?」

と言って、横になります。

横になられてしまっては当ててやらないわけにはいかないので、しばし付き合います。

「俺の手も、冷たくはないのよ。温かいんだよ。でもさー」

ふんふん?

「こう、当ててても、お腹を温める温かさじゃないんだよなあー、なんでくろねこの手は温かくなるんだろうなあー」

と、なんだかすごく嬉しいことを言うわけです。

夫はたいがい、お腹に手を当てていると、5分もしないうちに呼吸がゆっくりになって、寝てしまいます。
寝て、目が覚めると、とりあえずお腹の痛みは治まるらしい。



夫婦ですから、たぶん、気持ちの開き方が大きいのでしょうが、自分の手がそうやって、役に立つのだと思うと嬉しい。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-07-10 23:24 | からだ と こころ

料る、ということ

料(りょう)ると言うのはこう言うことなのだなあ、と思った一日。

何度かご紹介しているNATURAL CAFE 橙さんにて、「ピラティスの皆お疲れさま」のランチをしました。

橙さんは本当なら7〜8月はお休みなのですが、お休みが決まる前に予約を入れていた経緯があって、わざわざ1日だけ貸し切りで開けてくださったのでした。

食べてみて、ああ、料理が好きな人のごはんって、こう言うものなんだ、としみじみ感動しました。

ゆっくり提供される一皿一皿に、愛情がこもっているのがはっきりわかる。
b0176241_15303427.jpg

お出しに付け込んだ夏野菜のお浸し。
お行儀が悪いとわかっていて、最後にお皿に残ったお出汁を飲まずにはいられませんでした。
皆仲間だから気にしナーイ。
と言うより、一人が「…いい?」と言ってお出汁を飲んだら、我も我もと皆お皿のお出汁をきっちり味わいました。

b0176241_15332950.jpg

人参の一本揚げ(フライ)とタルタルソースが感動的に美味しかった一皿。
タルタルソースは実は苦手だったのに、こんなに美味しいもの!?
お肉も、じゃがいもも、ししとうも、どれもこれも、本当にどれもこれも美味しかった!
食べ終わるのがもったいなかった!
お肉は、漬けダレもさっぱりしていて、いくらでも入りそうでした。

b0176241_1536594.jpg

お茶と笹で炊き込んだと言う、もちもちっとしたごはん。
ほんのりと笹の香り。でもお茶と笹が主張していたりするわけじゃなくて、感動的なバランスでした。

b0176241_15391960.jpg

そしてどうしたらこんなになめらかにやさしい舌触りになるのか、の、プリン。
これはいくつでも食べられる!
カラメルにオレンジの風味が付いていて、それがまた美味しい。

橙さんは、柑橘類を隠し味に使うのがすごく上手だなーって、前にたらこスパゲティのランチを食べた時に思ったのですが、プリンのカラメルにはノックアウトされました。

たらこスパゲティはね、ところどころ柚子の味がするのです。
が、よく見ても柚子が入っている様子が無くて、でも全体的に柚子、ってわけじゃないの。
柚子のしぼり汁を入れると全体的に柚子色になるでしょ。
ところが違って、噛んでいて、時々「あ、柚子」と思うのです。
どうするとそんな風になるのか? と驚きながら食べた記憶があるのですが、プリンのカラメルにもびっくりしたなー。
オレンジ風味がほんのりするだけで、でもしっかりオレンジ。
本当においしかった。



食べながら、こんな食事の風景を読んだことがあるなーって思っていたのですが、帰って来てから気が付きました。

食堂かたつむり

あの本の主人公の、倫子の料ることを愛する様子に、丁寧な、真剣な、調理の様子に、感動して、心の底から羨ましいと思いました。
料る倫子と、それを食べることが出来る客がものすごく羨ましかった。

でももう羨ましくないもんね。
橙さんのランチを食べたから。


橙さんありがとう。
料理を好きな人のごはん を食べさせてくれてありがとう。
幸せな、嬉しい一日でした。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-07-09 15:19 | おいしい

パチュリに行ってきました

ホリスティックアロマテラピー パチュリに行ってきました。

明日は誕生日!
なので、一日早い誕生日のお祝いに。

パチュリさんは、ピラティスのメンバーです。
出会って結構経つのに、施術を受けるのは初めて。
どうしてもどうしても、自分で稼いだお金で受けたかったから、がんばりました。


パチュリさんの手はすごい。
なんだろう、手から何か出てる。
フェイシャル以外全身の施術を受けたのですが、途中で記憶が飛んだのが何回か。
ふかーいふかーい眠りに引き込まれて、はっと気が付くと施術の途中でした。

私の皮膚と、パチュリさんの掌との間に、ブレンドしてくれたアロマオイルがあって、そのわずかな薄いオイルの膜を通してパチュリさんの掌から出た波動が増幅して伝わる、そんな感覚でした。

すごいなー、本当にすごい。

パチュリさんに一度整体を受けてもらったことがあるのですが、この手を持つ人から、「いい手をしてるよ」って褒められたのか! と、びっくりしました。

ああ気持ちよかった。
絶対、パチュリさんの施術中の腕は、2本だけじゃない。あと1〜2本あるはず。




施術は午前中だったので、お昼はサロンの近くの天然酵母のパンを購入しました。
今日はどう言うわけか、「甘いもの! 甘いもの!」の日で、アロマオイルも「パニラかチョコがいい…」と言ったら、「ウチではないのよ〜」と申し訳なさそうに言われてしまったのですが、身体が、とにかく甘いものを欲していたようだったので、パンはチョコたっぷりのチョコレートマフィン。
それから、9の字の中に、9つのシードが入ったパン。
b0176241_2314851.jpg

左のがそうです。
わかるかな?
アーモンド、イチジク、バナナ、黒ごま、えーとあとなんだっけ?
施術できれいになった身体に、いのちたっぷりのパンでランチです。



私、誕生日って嫌いじゃない。
どれだけ歳を取っても、自分の中にそれだけ、たくさんのいいものが、積み重なっているはずだから。

悲しいことも、嫌なことも、悪いことも、全部含めて、いいものなはずだ。
だって自分を形作っているものの一部だから。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-07-01 23:07 | からだ と こころ