<   2009年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

小梅の塩漬け

小梅1キロをパルシステムで購入しました。

最初、カリカリ梅に挑戦しようかなと思ったのですが、調べてみたら、真っ青の、本当に熟れていない小梅でやるものなのだそうです。

届いたのは、ところどころ赤く色づいて、いい匂いのする小梅でした。
洗って、ヘタを取っている間に、手にもいい匂いがうつりました。
手を動かすだけで、ふっといい匂いが漂います。
うっとり。

結局塩漬けにしました。

小梅は、大きい梅と違って干したりしなくてもいいようです。
すぐ漬かるし、簡単です。

油断して、ガラスのパスタポットに漬け込んでしまいましたが、最初ポットの口のところまで梅が来てしまい、重しがちゃんとかかるが不安でしたが、未使用の塩1キロを、焼酎で消毒したジッパーバッグに入れて重し代わりにしたら、ちゃんと沈んでいきました。

b0176241_16154697.jpg


熟れていたせいか、あっという間に梅酢が上がってきました。
本当にいい匂い。
紙をかぶせてひもでしばっていますが、いい匂いが漂っています。

b0176241_16182088.jpg


ところでガラスのパスタポットは、厚手のガラスですので、いきなり熱湯消毒をしてしまうと割れます。

最初、温いお湯をしばらく入れて、温かさにガラスをなじませたら、ぬるま湯を捨て、もう少し熱いお湯を入れなじませたらまた捨てます。
次に熱湯を回しかけ、熱湯消毒完成です。

ちょっと手間はかかりますが、手間はかけたほうが、保存食を作る場合は確実と思います。

パルシステム 手作り料理
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-05-31 16:20 | おいしい

同じ形

子供も、寝ているときょうだいで同じ格好をして寝ていることがありますが。

b0176241_1672387.jpg


猫もやるんですねえ。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-05-31 16:08

チェリーピンク

夫と私は好きなものの好みが違います。
荷物の中で放っておかれていた、なんでしょう、これ。
湯のみ?

b0176241_21512780.jpg

ほっそりとした縦長のライン。
ピンク色の葉っぱと、さくらんぼ?? なイラスト。
口が当たるところには金が引いてあります。

b0176241_21514930.jpg

反対側。
つまり2カ所に「Cherry Pink」

b0176241_21413041.jpg

底には「のばら」の印字。
ノベルティだったのかもしれません。
「のばら」の文字が何とも言えない味を出しています。
昭和っぽいですね。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-05-26 21:53 | お気に入り

黄色いお花とピッチャー

名前はわからないのですが、お隣さんから貰ったお花。

b0176241_21343637.jpg


壁の汚いのは見ないふりしてください。

活けてあるのは「CORNING WARE」のピッチャー。アメリカのもののようです。
シリーズでいろいろあるようで、うちにはあとガラスの蓋付きのキャセロールがあります。
青い六片のお花の模様が共通で付いています。

b0176241_21371715.jpg

[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-05-26 21:39 | お気に入り

グリムズ

お気に入りカテゴリに入れてしまいますが…

グリムズというブログパーツがあって、気に入っています。

これは、ブログを書いた記事数で木が育ち、大人の木に成長すると、実際に植林されるというもの。

エコと言う言葉が付いてさえいれば、なんだか安心してしまうような今の世の中ですが、実際に植林されるのは嬉しい。

植林されるだけでなく、そのあとのフォロー(枝打ち等)もされるのであれば、なお嬉しい。
人口植林された森って、人間が育てないとダメなんですってね。

木が密集して、光が入らず、ひょろひょろとした木が増え、倒木や立ち枯れするものが多くなるとか。

それを正常な状態にするには、人が手を入れないといけないのだそうです。

ただ、木や、地球そのものの長い時間の流れを見ると、その立ち枯れで荒れた森も、実際は自然にとっては一瞬のことなのかもしれません。
必要な自然淘汰が起きているだけで、その後にはちゃんと立ち直る森が見られるのかもしれないとも思います。
人間の目に見える時間が、短いスパンでしかとらえられないから荒れているように見えるのかな、なんてね。



本当なら、森や丘陵を切り開いて、新興住宅地やマンションを建ててしまうのをちょっと控えたほうがいいんでは、とも思います。

私なんか特に、忘れっぽいから、今走っている道が、昔はオオタカの住む森だったってこと、忘れて便利に使ってしまう。
変化したらその変化後にあっという間に慣れてしまう。

あっという間に造成されて、きれいな宅地になった森を、最近たくさん見るので、自戒をこめつつ。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-05-24 23:01 | お気に入り

らっきょう漬け

上の子が、らっきょう漬けが好きなのです。
一人でもりもり食べます。

スーパーに行ったら、立派ならっきょうが売っていました。
漬けたことないのですが、失敗することもなかろう、と一袋買ってみました。

まずは水洗いをし、薄皮を剥きます。

これが面倒。

でも仕方がないので黙々と剥きます。
b0176241_2221960.jpg


このあと、さきっぽと根っこを切り落とし、瓶に甘酢と一緒に漬け込んで完成。

b0176241_22291931.jpg


瓶が大きかった…。

パルのレシピでは、塩らっきょうを作りましょう、だったのですが、あまりにも立派ならっきょうだったので、保存目的ではなく、すぐ食べるように、甘酢漬けにしました。

パルシステム 手作り料理
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-05-22 22:34 | おいしい

ミニどら焼き

あんこが食べたくて、小豆を一袋煮てしまったので、どら焼きを作ってみました。

レシピはいつものごとく、パルシステムの。

b0176241_2271512.jpg

皮をまず焼き、

b0176241_2273276.jpg

あんこを挟みます。

ホットケーキミックスに、玉子二個、みりん、牛乳、砂糖を入れるので、かなりゆるくてしっとりした生地です。
砂糖の量を減らしてしまったのですが、あんこも甘さ控えめに煮てしまったので、何となくパンチの足りないどら焼きになってしまいました。

がっつりと甘くしてもよかった。

家族には好評でした。

濡れふきんで焼き上がった皮を包んでおくと固くならないと書いてあったので、キッチンペーパーを濡らして掛けておきました。

あんこを挟んだあとも掛けていたのですが、たしかにしっとりしたまま!
これは大発見でした。

パルシステム 手作り料理

あんこは圧力鍋で煮たので、手間かからず。
圧力をかける前に、2度ほど茹でこぼして灰汁を取るとすっきりした味になります。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-05-22 22:15 | おいしい

木のベンチ

b0176241_10544478.jpg


食卓に、子供達が座るのに木のベンチが欲しいなあと思っていました。

夫が探してきたのが↑これ

なかなか雰囲気が良くてしばらく使用していたのですが、子供達がそれぞれに椅子に座りたいということになり、じゃあと入れ替えて、私が洋裁用の椅子として使っていました。

ミシンのある部屋は子供達と共有なので、ちょっと手狭かなと思い、リビングの掃き出しの外に置いてみました。

ん、結構いい雰囲気じゃない?

ちょっとぼーっとしたり、子供がお友達とゲームしたりする時に座るのにちょうどいいかも。
(うちでは携帯ゲーム機は外に持ち出し禁止、だけど友達とわいわい言いながらゲームしたい時には玄関の所でならOKというルールがあり)



ベンチの向こうに見える白い物は「手あぶり」です。
小さい火鉢ね。

手あぶりは主人とお客それぞれが、手元に置いて手を温めるものなので、小さいのから大きめのものまでありますが、基本的に邪魔にならないサイズです。

ゴミ箱に使う方もいますし、鉢カバーに使われる方もいます。
これは中に灰が入ったまま外に転がしてあります。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-05-22 11:04 | お気に入り

「かりぐらし」はいる?

床下の小人たち (岩波少年文庫)

メアリー ノートン / 岩波書店



「床下の小人たち」と言う、岩波少年文庫の児童書があります。
お屋敷の床下には、「かりぐらし」と呼ばれる小人たちがいて、人間から「物を借りて暮らす」、
つまり「借り暮らし」。

借りるんですから、小人たちに返すつもりはあるんです、もちろん。
人間に見つかっちゃうと大変なので、小人たちの生活の苦労は多々あるのですが、
それはどうぞ読んでのお楽しみで。
おもしろいのでおすすめです。もちろん大人も。


さて。
うちは古道具屋なので、どうしてもこまごまとした物が多いのですが、物が見当たらなくなると、

「あ〜、借り暮らしの人たちが借りてっちゃった」

と言っていました。

最近はあまりそう言うことがなかったのですが。

先日、子供の机の上に、夫の時計が置いてあったので、

「子供の机の上に置いてあったよ」

と夫に渡したところ、

「うわ、引っ越し前の家で見つからなくなってたのに」

と驚いていました。

今の家に引っ越して、かれこれ5年。
それがどうして子供の机の上に?

「かりぐらしが返してくれたのかもねー」と言いつつ、
本当に不思議です。

皆さんのお宅では、そう言うことありませんか?
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-05-21 23:01 | 日々

リフレクソロジーを受けてきました

お友達のペコさんが、自宅でリフレクソロジーのサロンを開いています。

今日、初めて施術してもらいました。

リフレ自体初めてで、すごく楽しみでした。

人の手っていいですね。
足にこんなに痛い所があるとは!

最近引いている風邪の咳のせいで2〜3日夜眠れなかったので、首と肋骨の所が痛い!

あとは、胃と腎臓と尿管と脾臓のところで反応していました。
びっくりしました。
足って正直。
胃と腎臓と尿管には思い当たる節があります。

一緒に行ったお友達が、
「誰が気が付いたんだろうね?
 足の裏に、身体をあらわすツボがあるなんて。不思議だよね」
と言っていました。
本当に同感です。
いったい誰が気が付いたんでしょうね。

穏やかな空気が流れるサロンは、とろんと眠くなる空間でした。
いいなあ、本当に素敵。
サロンを開いてしまう力と、
へこたれない芯の強さが彼女にはあって、
細い身体のどこからその強さは出てくるの? と思います。

これで風邪が治って、身体の調子が整ったら嬉しい。

リフレがきれいを目指す女性に人気なのがよくわかります。
すごく気持ちいいんだもの。
今日一日、足がぽかぽかしていました。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-05-21 22:18 | 日々