カテゴリ:自分で作る/手仕事( 5 )

久しぶりに写真投稿

子供達の習い事の一つ、ダンスの発表会がもうすぐあります。

その衣装を空いた時間で作っているのですが、今年はちょっと大変でした。
でもほぼ出来上がり、ほっとしているところです。

で、衣装じゃなくて、小物で皆小さな帽子を頭に着けるのですが、その帽子の作り方を写真撮ったので載せてみますね。

ほとんど工作と一緒なので、楽しいです。
b0176241_14215869.jpg

まず、台紙になる型紙を切ります。
7センチと11センチの直径の丸形を2枚。
16センチ×5センチの長方形を1枚。

b0176241_14221855.jpg

台紙を型紙にして布を切り、木工用ボンドで台紙に貼付けます。

b0176241_14223081.jpg

丸形の大小とも、縁から1センチまでにちょんちょんと切り込みを入れ、裏側にボンドを付けて折り、貼ります。

b0176241_14223498.jpg

長方形は丸く輪っかにし、端っこ1センチのところをのりしろにして貼ります。
また縁から1センチのところに切り込みを入れ、これは内側に折り込みます。
内側に倒すだけで、貼りません。

b0176241_14305184.jpg

小さい丸の裏の折り込んだ部分と、輪っかの内側に折り込んだ部分にボンドを付けて、貼りあわせます。

b0176241_14223897.jpg

おっ、出来てきましたね。
帽子の上の部分です。

b0176241_14224295.jpg

大きい丸と、輪っかのもう片方にボンドを付け、貼りあわせます。

b0176241_14224795.jpg

出来上がり。
はさみと大きさ比べると、小さいのがわかるでしょ?


3つのパーツを張り合わせるのは、ボンドが乾いてからの方がやりやすいです。
乾かないうちだとふにゃふにゃするので押し付けづらいのです。

全部乾いたら、裏にグルーガンで小さいピンを2個付け、出来上がり。
今はやりの
AKBが頭にくっ付けてるのみたいになりますよ(*´∀`*)
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-12-03 14:36 | 自分で作る/手仕事

手を動かす

整体師を目指すとともに、今年に入ってから始めた仕事があります。
それは、お針子さん。
いえいえ、そんな上等なものではないのですが、洋服のリフォーム工房で働き始めました。

今まかされるのは、ほとんどズボンの裾上げです。
でもこれがなかなか奥深くって、最初は1時間に1本仕上げられればいいほうでした。
少しずつ手が早くなってきて、ようやく1時間に2本出来るようになりました。
早く3本出来るようになりたい。

裾あげのための、まつり用の専門のミシンがあるのですが、布をすくう深さによって、表に支障が出たりします。
いかに美しく、自然に出来上がるか。課題です。

まだ始めたばっかりで、技術的にも未熟なので、上着の肩のラインを詰めている様子を見たりすると、ひぇーーと心の中で恐れおののいてしまいます。

出来上がり線に印を入れて、縫い代に線を入れて、そして鋏を入れます。
その、鋏を入れる瞬間の、何とも言いようのない緊張感。
入れてしまえばあとは縫うだけなので気持ちは楽です。
鋏を入れる瞬間が本当に緊張します。
じゃきっと切って、それが間違ったラインだったら?
測り間違って、全然違う場所を切ってしまってたら?
そう思うと、鋏を入れることが出来なくて、何度も何度も測り直したり。

今はだいぶ慣れて、あまり測り直さずとも鋏を入れられるようになりました。

仕事を初めてようやく一か月ですが、手縫いでまつり縫いをしている時などに、一瞬ですが、あまりの楽しさにワクワクしている時があります。
そう、すっごく疲れるけど、肩が凝るけど、楽しいんです。
自分の手を経て、形を整えられて、お客様のところへ帰ってゆく服たち。
いや裾上げですけどね、でもそう思いながら作業しています。

そしてそれだけでなく、新しい技術を手が覚えていく喜びがあります。
同じ作業をしていても、確実に、昨日よりも、出来るようになっている。
その嬉しさ。

手仕事、と言うのはこう言うことだなと思います。

今は仕事を覚えることで精一杯で、余裕がなくて、家ではなんにも作る気にならないのですが、もっとたくさんのことが出来るようになりたい。

今年は、たくさんの新しい扉が開く気がします。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-02-10 22:55 | 自分で作る/手仕事

VネックTシャツ-メンズサイズ

子供のや、自分の分はちょこちょこと作っているのですが、夫に作ったことがありませんでした。

男性用のものって、囲み製図から型紙を起こさなきゃならなかったりして、手が出なかったのですが、

こちら

ロックミシン・メンズ (クライ・ムキのLaLaLa)

クライ・ムキ / 日本ヴォーグ社



本を買ってからしばらく放置してしまっていたのですが、紺色霜降りのニット生地を購入したので、夫用にVネックTシャツを作りました。

b0176241_2224617.jpg

光の加減でグレーに見えますが、紺色霜降りです。

このところ、パーツの多いものを縫っていたので、メンズTシャツのシンプルさに感動してしまいました。
前身頃! 後身頃! 袖二枚! 襟一枚! 計五枚!

カットも早いし、縫うのも早い。ボタン付けもないし、ギャザーを寄せなくてもいいし、らくちんです。

午前中からどこへも出かけず、一日で縫い上がりました。

b0176241_22292062.jpgb0176241_22293316.jpg


袖は「屏風畳み縫い」と言うので縫っています。
これがもう、びっくりするほど簡単です。
ちょっと雰囲気がかわいらしくなってしまいましたが、許容範囲です。

縫っていてとても楽しかった。
夫も喜んでくれるし、また縫おうっと。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-09-16 22:05 | 自分で作る/手仕事

ギャザーパーカー

上の子用に、スポーティーなパーカーじゃなくて、ちょっとガーリーなものを作りたくて、

クライ・ムキの子供のパーカ&コート―Basic style (別冊家庭画報)

クライ・ムキ / 世界文化社



の、パーカーをアレンジして、ヨークの下と、裾にギャザーが入ったパーカーを作っています。

b0176241_14393092.jpg


最初、ヨークの下にだけギャザーを入れてしまい、裾がイカのように広がったものを作ってしまったのですが、身頃にギャザー分足したわけだから、裾のほうもギャザーを入れないと、下だけそのぶん広がっちゃうんですよね。


b0176241_14414987.jpg

   ヨーク下のギャザーと半袖の袖口
   長袖を半袖にアレンジし、袖にもギャザーを入れました
   携帯の写真なので色が飛んでますね



気が付いたのは、後はフードとファスナーを付ければ、と言うところまで作ったところでした。

まあ気が付いたからよしとします。

ほどいて、ギャザーを作ってからもう一度縫いました。

さて、フードも付いたし、あとはファスナー。

なんですが、近所の手芸屋さんには、合う色のファスナーがありませんでした。

本当は生地の色と合わせて購入したいのですが、しかたがないのでネットショップで注文しました。

早く届かないかな。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-09-15 14:46 | 自分で作る/手仕事

あずま袋

あんまりたいしたものは作れないのですが、「手仕事」と言う言葉に憧れがあって、このカテゴリを作ってしまいました。

上の子用に、あずま袋。
b0176241_14482353.jpg

入っているのは犬のぬいぐるみです。
くてっとした感じが本物っぽいですね。たぶんトイプードル。

このあずま袋、わかってしまえばこんな単純な作りはないのですが、構造を理解するのに時間がかかって、何度も縫い直しをしてしまいました。
b0176241_1531429.jpg


糸を解くとただの長方形になるというのがミソのこのあずま袋、インナーバッグにしてもいいし、このまま持って歩いても可愛らしい。
子供が持って歩くことを考えて、写真ではわかりませんが10センチのマチを付けています。

自分用に手ぬぐいで一つ試作してみました。
b0176241_1503353.jpg

ずいぶん洗いざらした手ぬぐいなので、くたっとしています。長さが足りなかったので、緑色の手ぬぐいを縫い足しました。
ロックかけっぱなしのこの雑さ…
これは籠の中に入れて使う予定。


「あずま袋 作り方」で検索すると、詳しく説明されたサイトがたくさん出てきます。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-06-06 15:14 | 自分で作る/手仕事