陰と陽 と

ママとちいさな人のためのリラクゼーションサロン naneaの主宰kiwaさんの整体施術を受けてきました。

kiwaさんは私と同い年ながら、太陽が燃えているように、パワフルで「陽」の人でした。
お話ししながら、自分が対極の「陰」であることに、なんだか感動してしまいました。

陰と陽はどちらも不可欠、どちらも正です。

違うタイプの人間が、一緒にいて話をしている。
わかりあおうと時間を過ごす。
すごいことです。
そこに、リフレクソロジストのpekoさんもいたのですが、もうびっくりするほど、pekoさんはニュートラルな人でした。
不思議な三角形です。
陰と陽とニュートラル。
ニュートラルと言っても、ゼロではないのです。
陰も陽もどちらも持つニュートラルなのです。
私とkiwaさんがいるところにpekoさんがいると、そのニュートラルさが際立つ感じ。
まるで黄金の三角でした。

kiwaさんに触ってもらった私の身体は、がっちがちのばっりばりだったそうです(笑

ストレートに心の中に入ってくるkiwaさんの言葉は、あらためて自分がなにをどう考え、どう向き合おうと思っているのかを考えさせられました。

私はなにを足枷としているのだろう?
なにをいまだに引きずって、なだめながら生きているのだろう?
幼い頃の、少し成長してからの、なにが私の中に残り続けてるのだろう?

「もう人生折り返し地点だからね」

とkiwaさんは言いました。

そうそう、もう折り返し地点なのです。

私のこれからは、私が意識して造り上げてゆくもの。




整体ってすごいんです。
そんなことまで施術を受けながら考えちゃうなんて。
そのひとの、よじれやねじれのおおもとを、緩める整体師になりたいと思います。
よじれやねじれは、そのひとがそれまで生きてきた証でもあります。
必要だからよじれたりねじれたりしたのです。
よじれたりねじれたりすることで、そのひとは、ストレスと向き合ってこれたのです。

どんなブレーキにも遊びがあるように、
木が重みに耐えてたわむように。

でも、必要以上によじれると、身体はつらい。
だから、その強すぎるものを緩めるお手伝い。
直すのはそのひと自身です。

何人かの背中を触らせてもらって、そう思います。



kiwaさんの施術が終わってから、ソファで横になっていたら、ほろほろと涙が出て困りました。
悲しくないのに涙が出るのです。

そう言えば、感情の起伏で泣いたことはあるけど、純粋に自分のために泣いたことってなかったなあ。

そう思って、しばらく涙が出るに任せていました。






今度、kiwaさんに施術させてもらう約束を取り付けました。
私はどんな施術が出来るでしょうか。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-02-16 00:03 | からだ と こころ
<< 念、入りまーす 手を動かす >>