手がなじむ

整体師資格習得のため、実技に取り組んでいます。

近所の友達にモデルを頼み、何度か練習をしています。

不思議なもので、

施術一度めよりも二度目、二度目よりも三度めの方が、

確実にそのひとの身体の受け入れが違います。

そして自分の手が相手の身体になじむのか、一度めの、固く閉じたドアをノックするような感覚は消えて、

ふっと開かれた背中に触れることが出来ます。



夫を練習台にしていた時も、やはり同じ感じを受けました。

とてもおもしろい感覚です。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2010-01-08 22:31 | からだ と こころ
<< 旧暦に戻るってのも一つの手 鏡餅 >>