どこにある

女性のきれいは骨盤から。
と言うのは、ここ最近よく言われることです。

骨盤を整えましょうって本やムックやDVDがたくさん出ています。

その骨盤を理解するには、骨盤の、ある小さな出っ張りが重要です。

じょうこうちょうこつきょく。

と言うものの場所を探して自分と夫の骨盤を触りまくっているのですがイマイチわかりません。

上後腸骨棘、人によっては(たぶん流派によっては)、「じょうごちょうこつきょく」と読む、骨盤の、うしろの出っ張りです。

お尻のえくぼのちょっと上、というのですが、

私のお肉のせいかしら。なんとなくここかな、と言うところに触れるのですが、ここ! とはっきり言えず。

そうだ、夫で確認してみればいいんだ! と夫を触ってみたら、びっくりするほど凹凸がない骨盤で、結局どこだかわかりませんでした。
これは性差なのでしょうか。
それとも、夫が特別にぺったんこに感じる骨盤なんでしょうか。


なかなかわかりづらいものだそうで、こればっかりは経験を積まないといけないのでしょうね。


解剖図や骨標本のわかりやすいものを探してネットの海をうろうろしたのですが、一番理解しやすかったのは、プロの整体師さんのブログでした。


骨標本の実物が欲しいなあ…と切に思ってしまいました。
写真はどうしても平面ですもんね。


この、上後腸骨棘(PSIS)の位置で骨盤の歪みをチェックするのです。

将来、出産したママさんの骨盤を診られるようになりたい、と言うのが夢です。

あ、そうだ、お肉のない子供達で確認してみたらいいのかも。
[PR]
by kuroneko-no-sippo | 2009-10-05 23:08 | からだ と こころ
<< こんなことも そうなのよー >>